[ カテゴリー » 日 記 ]

九州福岡の民政系新聞

 毎度、酒のお話で申訳ないが、今思い出しても腹の皮がピクピクして来る左党の傑作として記録して置く必要があると思う。 九州福岡の民政系新聞、九州日報社が政友会万能時代で経営難に陥っていた或る夏の最中の話……玄洋社張りの酒豪や仙骨がズラリと揃っている同社の編集部員一同、月給がキチンキチンと貰えないので...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:45 pm  

十時頃になると

 忠太は、棚の上の荷物を氣にして、時々其を見上げ見上げしながら、物珍し相に乘合の人々を、しげしげと見比べてゐたが、一時間許り經《た》つと少し身體を屈めて、『尻《けつ》ア痛くなつて來た。』と呟やいた。『汝《うな》ア痛くねえが?』『痛くねえす。』とお定は囁いたが、それでも忠太がまだ何か話欲しさうに屈...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:44 pm  

晩酌に陶然とした忠太

 其夜は、裏二階の六疊に忠太とお八重お定の三人枕を並べて寢せられたが、三人|限《きり》になると、お八重は直ぐ忠太の膝をつねりながら、『何しや來たす此人《このふと》ア。』と言つて、執念《しつこ》くも自分等の新運命を頓挫させた罪を詰《なぢ》るのであつたが、晩酌に陶然とした忠太は、間もなく高い鼾をかいて...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:43 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0179 sec.

http://4point5.jp/