九州福岡の民政系新聞

 毎度、酒のお話で申訳ないが、今思い出しても腹の皮がピクピクして来る左党の傑作として記録して置く必要があると思う。 九州福岡の民政系新聞、九州日報社が政友会万能時代で経営難に陥っていた或る夏の最中の話……玄洋社張りの酒豪や仙骨がズラリと揃っている同社の編集部員一同、月給がキチンキチンと貰えないので酒が飲めない。皆、仕事をする元気もなく机の周囲《まわり》に青褪めた豪傑面を陳列して、アフリアフリと死にかかった川魚みたいな欠伸をリレーしいしい涙ぐんでいる光景は、さながらに飢饉年の村会をそのままである。どうかして存分に美味《うま》い酒を飲む知恵はないかと言うので、出る話はその事バッカリ。そのうちに窮すれば通ずるとでも言うものか、一等呑助の警察廻り君が名案を出した。 今でも福岡に支社を持っている××麦酒《ビール》会社は当時、九州でも一流の庭球の大選手を網羅していた。九州の実業庭球界でも××麦酒の向う処一敵なしと言う位で、同支社の横に千円ばかり掛けた堂々たる庭球コートを二つ持っていた。「あの××麦酒に一つ庭球試合を申込んで遣ろうじゃないか」 と言うと、皆総立ちになって賛成した。「果して御馳走に麦酒が出るか出ないか」 と遅疑する者もいたが、「出なくともモトモトじゃないか」 と言うので一切の異議を一蹴して、直ぐに電話で相手にチャレンジすると、「ちょうど選手も揃っております。いつでも宜しい」 と言う色よい返事である。

— posted by id at 09:45 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1086 sec.

http://4point5.jp/