『水道』が流場の隅にあつた

 お定は、怎※[#「麾」の「毛」に代えて「公の右上の欠けたもの」、第4水準2-94-57]物に水を汲むのだもの、俺には解る筈がないと考へた。 此家では、『水道』が流場の隅にあつた。 長火鉢の鐵瓶の水を代へたり、方々雜布を掛けさせられたりしてから、お定は小路を出て一町程行つた所の八百屋に使ひに遣られた。奧樣は葱とキヤベーヂを一個買つて來いといふのであつたが、キヤベーヂとは何の事か解らぬ。で、恐る/\聞いて見ると、『それ恁※[#「麾」の「毛」に代えて「公の右上の欠けたもの」、第4水準2-94-57]《こんな》ので(と兩手で圓を作つて)白い葉が堅く重なつてるのさ。お前の郷里《くに》にや無いのかえ。』と言はれた。でお定は、『ハア、玉菜でごあんすか。』と言ふと、『名は怎《どう》でも可《い》いから早く買つて來なよ。』と急《せ》き立てられる。お定はまた顏を染めて戸外へ出た。 八百屋の店には、朝市へ買出しに行つた車がまだ歸つて來ないので、昨日の賣殘りが四種五種列べてあるに過ぎなかつたが、然しお定は、其前に立つと、妙な心地になつた。何とやらいふ菜に茄子が十許り、脹切《はちき》れさうによく出來た玉菜《キャベーヂ》が五個六個《いつゝむつゝ》、それだけではあるけれ共、野良育ちのお定には此上なく慕かしい野菜の香が、仄かに胸を爽《さわや》かにする。お定は、露を帶びた裏畑を頭に描き出した。ああ、あの紫色の茄子の畝《うね》! 這ひ蔓《はびこ》つた葉に地面を隱した瓜畑! 水の樣な曉の光に風も立たず、一夜さを鳴き細つた蟲の聲! 萎びた黒繻子の帶を、ダラシなく尻に垂れた内儀《おかみ》に、『入來《いらつ》しやい。』と聲をかけられたお定は、もうキヤベーヂといふ語を忘れてゐたので、唯『それを』と指さした。葱は生憎《あひにく》一把もなかつた。 風呂敷に包んだ玉菜一個を、お定は大事相に胸に抱いて、仍且《やはり》郷里《くに》の事を思ひながら主家に歸つた。勝手口から入ると、奧樣が見えぬ。お定は密《こつそ》りと玉菜を出して、膝の上に載せた儘、暫時《しばし》は飽かずも其香を嗅いでゐた。『何してるだらう、お定は?』と、直ぐ背後《うしろ》から聲をかけられた時の不愍《きまりわる》さ!

— posted by id at 09:41 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1168 sec.

http://4point5.jp/