お八重の發起で街路へ出て見た

 それでも仲々|階下《した》にさへ降《お》り澁《しぶ》つて、二人限《きり》になれば何やら密々《ひそ/\》話合つては、袂を口にあてて聲立てずに笑つてゐたが、夕方近くなつてから、お八重の發起で街路へ出て見た。成程大きなペンキ塗の看板には『山田理髮店』と書いてあつて、花の樣なお菓子を飾つたお菓子屋と向ひあつてゐる。二人は右視左視《とみかうみ》して、此家忘れてなるものかと見※[#「廴+囘」、第4水準2-12-11]してると、理髮店の店からは四人の職人が皆二人の方を見て笑つてゐた。二人は交る/\に振返つては、もう何間歩いたか胸で計算しながら、二町許りで本郷館の前まで來た。 盛岡の肴町位だとお定の思つた菊坂町は、此處へ來て見ると宛然《まるで》田舍の樣だ。ああ東京の街! 右から左から、刻一刻に滿干《さしひき》する人の潮! 三方から電車と人が崩《なだ》れて來る三丁目の喧囂《さはがしさ》は、宛《さな》がら今にも戰が始りさうだ。お定はもう一歩も前に進みかねた。 勸工場は、小さいながらも盛岡にもある。お八重は本郷館に入つて見ないかと言出したが、お定は『此次にすべす。』と言つて澁つた。で、お八重は決しかねて立つてゐると、車夫が寄つて來て、頻りに促す。二人は怖ろしくなつて、もと來た路を驅け出した。此時も背後《うしろ》に笑聲《わらひごゑ》が聞えた。 第一日は斯くて暮れた。

[#6字下げ]九[#「九」は中見出し]

 第二日目は、お吉に伴れられて、朝八時頃から見物に出た。 先づ赤門、『恁※[#「麾」の「毛」に代えて「公の右上の欠けたもの」、第4水準2-94-57]《こんな》學校にも教師《せんせ》ア居《え》べすか?』とお定は囁《さゝ》やいたが、『居るのす。』と答へたお八重はツンと濟してゐた。不忍の池では海の樣だと思つた。お定の村には山と川と田と畑としか無かつたので。さて上野の森、話に聞いた銅像よりも、木立の中の大佛の方が立派に見えた。電車といふものに初めて乘せられて、淺草は人の塵溜、玉乘に汗を握り、水族館の地下室では、源助の話を思出して帶の間の財布を上から抑へた。人の數が掏摸に見える。凌雲閣には餘り高いのに怖氣《おぢけ》立つて、到頭上らず。吾妻橋に出ては、東京では川まで大きいと思つた。兩國の川開きの話をお吉に聞かされたが、甚※[#「麾」の「毛」に代えて「公の右上の欠けたもの」、第4水準2-94-57]《どんな》事《こと》をするものやら遂に解らず了《じま》ひ。上潮に末廣の長い尾を曳く川蒸汽は、仲々異《い》なものであつた。銀座の通り、新橋のステイション、勸工場にも幾度か入つた。二重橋は天子樣の御門と聞いて叩頭《おじぎ》をした。日比谷の公園では、立派な若い男と女が手をとり合つて歩いてるのに驚いた。

— posted by id at 05:31 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.3544 sec.

http://4point5.jp/