男はクスクス笑ひ出した

『明日《あした》俺《おれ》ア、盛岡さ行つて來るす。』『何しにせヤ?』『お八重さんが千太郎さん許《とこ》さ行くで、一緒に行つて來るす。』『然《さ》うが、八重ツ子ア今夜《こんにや》、何とも言はながつけえな。』『だらお前、今夜《こんにや》もお八重さんさ行つて來たな?』『然うだねえでヤ。』と言つたが、男は少し狼狽《うろた》へた。『だら何時《いづ》逢つたす?』『何時ツて、八時頃にせ。ホラ、あのお芳ツ子の許《とこ》の店でせえ。』『嘘だす、此人《このしと》ア。』『怎《どう》してせえ?』と益々|狼狽《うろた》へる。『怎しても恁《か》うしても、今夜《こんにや》日《ひ》ヤ暮れツとがら、俺アお八重さんと許《ば》り歩いてだもの。』『だつて。』と言つて、男はクスクス笑ひ出した。『ホレ見らせえ!』と女は稍聲高く言つたが、別に怒つたでもない。『明日《あした》汽車で行くだか?』『權作|老爺《おやぢ》の荷馬車で行くで。』『だら、朝早かべせえ。』と言つたが、『小遣錢《こづげえ》呉《け》えべがな? ドラ、手ランプ點《つ》けろでヤ。』 お定が默つてゐたので、丑之助は自分で手探りに燐寸《マツチ》を擦つて手ランプに移すと、其處に脱捨てゝある襯衣《かくし》の衣嚢から財布を出して、一圓紙幣を一枚女の枕の下に入れた。女は手ランプを消して、『餘計《よげえ》だす。』

— posted by id at 05:18 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1095 sec.

http://4point5.jp/