馬車|追《ひき》の老爺

『何時まで寢てるべえせア。』と、中から胴間聲《どまごゑ》がする。 二人は目を見合して、ニッコリ笑つたが、桶を下して入つて行つた。馬車|追《ひき》の老爺は丁度厩の前で乾秣《やた》を刻むところであつた。『明日《あした》盛岡さ行ぐすか?』『明日がえ? 行くどもせア。權作ア此|老年《とし》になるだが、馬車|曳《ふ》つぱらねえでヤ、腹減つて斃死《くたば》るだあよ。』『だら、少許《すこし》持つてつて貰ひてえ物が有るがな。』『何程《なんぼ》でも可えだ。明日ア歸《けえ》り荷《に》だで、行ぐ時《どき》ア空馬車|曳《ふ》つぱつて行ぐのだもの。』『其※[#「麾」の「毛」に代えて「公の右上の欠けたもの」、第4水準2-94-57]《そんな》に澤山《たんと》でも無えす。俺等《おら》も明日《あした》盛岡さ行ぐども、手さ持つてげば邪魔だです。』『そんだら、ハア、お前達も馬車さ乘つてつたら可《え》がべせア。』 二人は又目を見合して、二言三言|喋《しめ》し合つてゐたが、『でア老爺《おやぢ》な、俺等《おら》も乘せでつて貰ふす。』『然《さ》うして御座《ごぜ》え。唯、巣子《すご》の掛茶屋さ行つたら、盛切酒《もつきりざけ》一|杯《ぺえ》買ふだアぜ。』『買ふともす。』と、お八重は晴やかに笑つた。『お定ッ子も行《え》ぐのがえ?』

— posted by id at 05:11 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0356 sec.

http://4point5.jp/