裏畑の中の材木小屋

 二人は、裏畑の中の材木小屋に入つて、積み重ねた角材に凭《もた》れ乍ら、雨に濕《しめ》つた新しい木の香を嗅いで、小一時間許りも密々《ひそ/\》語つてゐた。 お八重の話は、お定にとつて少しも思設《おもひもう》けぬ事であつた。『お定さん。お前も聞いたべす、源助さんから昨晩《ゆべな》、東京の話を。』『聞いたす。』と穩かに言つて、お八重の顏を打瞶《うちまも》つたが、何故か「東京」の語一つだけで、胸が遽かに動悸がして來る樣な氣がした。 稍あつて、お八重は、源助さんと一緒に東京に行かぬかと言ひ出した。お定にとつては、無論|思設《おもひもう》けぬ相談ではあつたが、然し、盆|過《すぎ》のがつかりした心に源助を見た娘には、必ずしも全然縁のない話でもない。切《しき》りなしに騷ぎ出す胸に、兩手を重ねながら、お定は大きい目を※[#「目+爭」、第3水準1-88-85]《みは》つて、言葉少なにお八重の言ふ所を聞いた。 お八重は、もう自分一人は確然《ちやん》と決心してる樣な口吻《くちぶり》で、聲は低いが、眼が若々しくも輝く。親に言へば無論容易に許さるべき事でないから、默つて行くと言ふ事で、請賣《うけうり》の東京の話を長々とした後、怎《どう》せ生れたからには恁※[#「麾」の「毛」に代えて「公の右上の欠けたもの」、第4水準2-94-57]《こんな》田舍に許り居た所で詰らぬから、一度東京も見ようぢやないか。「若い時ア二度無い」といふ流行唄《はやりうた》の文句まで引いて、熱心にお定の決心を促すのであつた。 で、其方法も別に面倒な事は無い。立つ前に密《こつそ》り衣服《きもの》などを取纒めて、幸ひ此村《こゝ》から盛岡の停車場に行つて驛夫をしてる千太郎といふ人があるから、馬車追の權作老爺に頼んで、豫じめ其千太郎の宅まで屆けて置く。そして、源助さんの立つ前日に、一晩泊で盛岡に行つて來ると言つて出て行つて、源助さんと盛岡から一緒に乘つて行く。汽車賃は三圓五十錢許りなさうだが、自分は郵便局へ十八圓許りも貯金してるから、それを引出せば何も心配がない。若し都合が惡いなら、お定の汽車賃も出すと言ふ。然しお定も、二三年前から田の畔《くろ》に植ゑる豆を自分の私得《ほまち》に貰つてるので、それを賣つたのやら何やらで、矢張九圓近くも貯めてゐた。 東京に行けば、言ふまでもなく女中奉公をする考へなので、それが奈何《どんな》に辛くとも野良稼ぎに比べたら、朝飯前の事ぢやないかとお八重が言つた。日本一の東京を見て、食はして貰つた上に月四圓。此村あたりの娘にはこれ程|好《うま》い話はない。二人は、白粉やら油やら元結やら、月々の入費を勘定して見たが、それは奈何に諸式の高い所にしても、月に一圓とは要《かゝ》らなかつた。毎月三圓宛殘して年に三十六圓、三年辛抱すれば百圓の餘にもなる、歸りに半分だけ衣服や土産を買つて來ても、五十圓の正金が持つて歸られる。『末藏が家でや、唯《たつた》四十圓で家屋敷白井樣に取上げられでねえすか。』とお八重が言つた。『雖然《だども》なす、お八重さん、源助さん眞《ほんと》に伴《つ》れてつて呉《け》えべすか?』とお定は心配相に訊く。

— posted by id at 04:39 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0353 sec.

http://4point5.jp/