次の序遊の一中節

 次の序遊の一中節。あの禿げた頭を前の方へ伸べて平たく座って見台を眺めたところを見ると吉備舞と異なって急に芸人臭い感じがした。渋い喉で蝉丸の山入が始まる。『一中は親類だけに二段きき』という川柳がある。それを聴衆は神妙に聞いている。さすが美音会の会員達だと思った。無事にすむと急霰《きゅうさん》のような拍手が起こった。 歌沢に入る前に二十分ばかりの休憩がある。背後にいる桃水君が、老人に向かって、『一体芝派の節には艶がないね、今少し何とかなしようがあろうと思う』と言う。『そうですね。どうも寅派の方に味があると思う』と答える。暫時談話がやんでいると、また桃水君が、『あの婆さんは、一度止めたんだが、出て見るとやはり声が佳いものだから、近頃又始めたのだそうだ』『ええ、とにかく芝派の元老ですからね』、芝土志の噂をしているらしい。桃水君は自ら三味線を執《と》って唄う自慢の歌沢が聞きたい。 まず芝土志が現われる。例の如く江戸時代の渋味を大切に、皺の間に保存しておくような顔で跋《ばつ》の足には大きな繻子《しゅす》の袋を冠《の》せて、外見を防いでいる。見るから感じのおだやかなお婆さんである。三味線は清子である。淡雪と枯野を楽に唄い退《の》ける。非常な喝采だ。『これだから誰でも歌沢が好きになるのだ』と背後の方で誰かが言う。 次に芝鈴が出た。四十歳ばかりの年増で、態度がちと無造作だ。私はこの人のを聞くのは初めてである。淀の川瀬と柱立を唄う。土志と変わって非常に大きな声で物にもよるだろうが唄い振り、節回しが頗《すこぶ》る粋だ。聞く人によっては鈴の方が好きだというかも知れない。 終わるとまず桃水君が『フフウン』と感じ入った。

— posted by id at 04:14 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1742 sec.

http://4point5.jp/