第一の瓶の内容

 拝呈 時下益々御清栄、奉奉慶賀候《けいがたてまつりそうろう》。陳者《のぶれば》、予《かね》てより御通達の、潮流研究用と覚《おぼ》しき、赤|封蝋《ふうろう》附きの麦酒《ビール》瓶、拾得次第|届告《とどけつげ》仕る様、島民一般に申渡置候処《もうしわたしおきそうろうところ》、此程、本島南岸に、別小包の如き、樹脂封蝋附きの麦酒《ビール》瓶が三個漂着致し居るを発見、届出申候《とどけいでもうしそうろう》。右は何《いず》れも約半里、乃至《ないし》、一里余を隔てたる個所に、或は砂に埋もれ、又は岩の隙間に固く挟まれ居りたるものにて、よほど以前に漂着致したるものらしく、中味も、御高示の如き、官製|端書《はがき》とは相見えず、雑記帳の破片様のものらしく候為め、御下命の如き漂着の時日等の記入は不可能と被為存候《ぞんぜられそうろう》。然れ共、尚《なお》何かの御参考と存じ、三個とも封瓶のまま、村費にて御送附|申上候間《もうしあげそうろうあいだ》、何卒《なにとぞ》御落手|相願度《あいねがいたく》、此段|得貴意候《きいをえそうろう》 敬具    月   日[#地から2字上げ]××島村役場※[#丸印、U+329E、36-10] 海洋研究所 御中

◇第一の瓶の内容[#「◇第一の瓶の内容」は中見出し]

 ああ………この離れ島に、救いの船がとうとう来ました。 大きな二本のエントツの舟から、ボートが二艘、荒波の上におろされました。舟の上から、それを見送っている人々の中にまじって、私たちのお父さまや、お母さまと思われる、なつかしいお姿が見えます。そうして……おお……私たちの方に向って、白いハンカチを振って下さるのが、ここからよくわかります。 お父さまや、お母さまたちはきっと、私たちが一番はじめに出した、ビール瓶の手紙を御覧になって、助けに来て下すったに違いありませぬ。

— posted by id at 04:06 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0354 sec.

http://4point5.jp/